生姜 香り 刺激成分

生姜の香りと刺激成分

しょうがは香りをかいだことがある人なら知っていると思いますが、とても刺激のある独特の風味がありますね。
しょうがの中に含まれている成分は、しょうがの皮のすぐ下の部分に出されている精油の成分、そしてしょうがのでんぷん質の成分の二つがあります。

でんぷん質に含まれている成分はとても独特の香り、風味があり、オレオレンジと呼ばれる成分です。オレオレンジはジンゲロールと呼ばれる成分やショウガオールなどが含まれています。
特にジンゲロールは吐き気予防につながる効果ガあります。

しょうがの精油にはジンギベレン、ボルネオール、ファルネセンをはじめとする30種類以上の成分が入っています。
クルクミン、リモネンなど、聞いたことがあるという人モ多いと思いますが、精油に含まれている成分というのはしょうがの皮の下にある成分で皮をむいてしまうとこの生姜の成分は発揮されませんし、乾燥させると効果が現れないので、しょうがは生で皮ごと摩り下ろして使うのが一番香りをはじめとして刺激成分を有効的に使える方法ではないでしょうか。

しょうがの香りだけでも食欲が抑えられたり、また吐き気が抑えられるなどの効果も期待できるので、ダイエットや健康に香りがとても効果的です。