海外 生姜

海外での生姜

日本ではいろいろとしょうがを使用していますが、海外ではしょうがはどのようにして使用されているのでしょうか??

海外でもしょうがは健康に効果があるといわれていて、欧米ではハーブの代わりとして使われたり、同じような使い方をしていますし、アジアでも伝統医学の中には必ず生姜が入っているといわれています。
イギリスでペストという病気が流行した際にはしょうがの成分がペストを予防するということが流行して、国民がしょうがを積極的に摂取していたようです。
その際に作られたのがジンジャーブレッド、ジンジャークッキーです。

実際にしょうががペストに直接的に働くということはなかったのですが、体の中の血液の流れをよくしたり、免疫力をアップさせる効果がありますから、それによって体が健康になるというわけですね。
またお隣の中国では、漢方はとても欠かせない存在です。

しょうがだけが効果を発揮するというよりは、しょうがと他の食材を組み合わせて漢方薬を作って効果を発揮しているといわれています。
海外でもこのようにしょうがは昔から取り入れられていますし、しょうがの効果はいろいろとあり健康によいという認識はあるのです。
日本同様デトックス効果も海外でも知られています。